新宿区 若者向け 安い ヤング 社交ダンス 競技ダンス サークル 初心者 歓迎

フレッカールのフットワーク

フレッカールのフットワーク

フレッカールのフットワークなんか気にしながら踊ることはあまりないかもしれません。足を前にかけるのか後ろにかけるのかとか、他に気にしなくてはいけないことかたくさんあるので、フットワークにまで気が回らないと仕方ありません。
しかし、できるできないは別として、知っておくだけでもフレッカールに対する理解が深まるかとも思います。

リバースフレッカール
  男性   女性
1 HB (BHB) BHB
2 B      B
3 BH     BH
4 BHB    BHB
5 B      B
6 BH     BH

ヴェーニーズワルツのフットワークではTは使わずBを使います。
男性は、前進のリバースフレッカールから入る場合、最初だけヒールリードであとは女性と同じでボールから足をつきます。つまり、最初だけリバースターンを踊り、あとはすべてボールからついて踊ります。感覚としては、123は男性前進女性後退、456は男性後退女性前進と思って踊ることになります。
男性後退のリバースフレッカールから入る場合、ヒールリードは全くなくなるので、フットワークを気にする必要はありません。

ナチラルフレッカール
  男性   女性
1 HB    HB
2 B     B
3 BH    BH
4 HB    HB
5 B     B
6 BH    BH

ナチュラルフレッカールは、男女とも1と4はヒールからつきます。
つまり、前進と後退を繰り返すリバースフレッカールと違い、男女とも常に前進しているということです。

ところが、リバースフレッカールのフットワークは昔はナチュラルフレッカールと同じでした。ヒールでリードすることにより、常に前進することになるので、スピード感が増します。今でもそのように踊っている人はいると思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional